机の上の薬

有名な抗不安薬

袋の上の薬

現代はストレスや不安などによって、重度な症状を引き起こす危険が高まっています。
不眠症やうつ病は現代病とも呼ばれ、ストレス社会と呼ばれるこのご時世だからこそ患者数が伸びている症状だと言われています。
少し寝付けない場合や、何かをするときに多少の不安を抱く程度であればまだ問題ないですが、不眠症やうつ病としてこういった症状が出ているのであれば事態は深刻です。
一刻も早く治療をしなければ、さらに症状は悪化してしまい、日常生活にも支障をきたしてしまうのでしょう。

身の回りの生活環境などによってこれらの症状を起こしてしまうことが多いため、環境改善による治療もよくおこなわれています。
所属しているコミュニティでのストレスが原因となっていることが多く、もし職場でのストレスが原因となっているのであれば転勤するなど、相応の対策をしなければ根本的な解決は望めません。
しかし、周囲の環境を変えるというのはそう簡単なことではなく、できたとしてもどうしても時間がかかってしまいます。
また、必ずしも生活環境の改善がうまくいくとも言い切れません。
そこで、うつ病や不眠症を治療する場合は、抗不安薬を使っての薬物療法が一般的です。
特にデパスは日本国内で頻繁に処方されている抗不安薬で、不安や緊張を抑制して心身をリラックスさせる効果があります。
また、催眠作用もあるため、不眠症の改善にも用いられることがあります。
非常に優れた抗不安薬ですので治療に用いられることも多いのですが、その一方で副作用が生じる危険もあります。
デパスは精神科などから処方してもらえますが、使用時は副作用に気をつけながら使用していきましょう。

たくさんの薬

デパスの効果

デパスはベンゾジアゼピン系と呼ばれる抗不安薬で、抗不安作用、筋弛緩作用、催眠作用、抗けいれん作用と4つの効果を持っています。特に抗不安作用と筋弛緩作用に優れているため、強い不安を感じている方にはオススメです。

手のひらの薬

医薬品服用による副作用

医薬品は私たちの病気を治療するために欠かせないモノですが、医薬品に含まれている有効成分がときに副作用を引き起こしてしまうことがあるのです。どんな医薬品にも軽度の副作用は付き物ですので、事前にしっかり確認しておきましょう。

薬イメージ

コンテンツ一覧

「有名な抗不安薬「デパス」の効果と副作用/不安や緊張を取り除こう」のコンテンツ一覧です。